キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

お知らせ

  • No Image

    7月31日の日曜礼拝はサマーキャンプのため午前10時からのみとなりますのでご注意ください。

    7月31日の日曜礼拝

最近の投稿

特集記事

  • No Image

    就労継続支援B型事業所「からしだね」を開所して1年半になります。開所当初から、喫茶とともに、園芸療法士の資格を持つ指導員のもとで苔玉や季節の寄植え等の園芸用品を作って販売しています。 さて、この寄植えを、いつか近隣の幼稚 […]

    主の時

  • No Image

    昔むかし、日本のあるところに、虫が大好きな姫がおりました。ふつうの女の子は花や蝶を好むのに、姫は毎朝毎晩毛虫を手に載せて、「毛虫って、深く考えているような雰囲気があって好き」と言いながら、じっと観察していました。 また、 […]

    虫が大好きな姫