キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

最近の投稿

特集記事

  • No Image

    「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ」  私の人生で最も語られ、つい最近も心に留まっていたみことばです。 先月のある週のことです。仕事が忙し過ぎて、土曜出勤しないと業務が追い付かない事態が発生しました。土曜の朝起きて「 […]

    安息日を聖とすることが祝福

  • No Image

    ホームスクーリングをしている我が家の子供たちは、週に数回教会塾に通っています。ある日、こんなことがありました。  夜に同じ教会塾に子供を通わせているA君のお母さんから連絡があり、A君がうちの息子にどうしても話したい事があ […]

    教会塾は神の国