キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

お知らせ

最近の投稿

特集記事

  • No Image

    牧師が勧めてくれたトルストイの小説です。  ユリウスといういいとこの坊ちゃんが、若い頃から放蕩三昧、何度も挫折して、キリスト教徒になろうとしますが、その都度、じゃま者(年長者)があらわれ、「キリスト教のいうことは変だし、 […]

    「光ある内に光の中を歩め」

  • No Image

    「(娘の)Mが、私の花嫁姿の顔みて、『こんな顔つきの人とは友達になりたくない』」なんて言うのよ!」と、友人のEさんが電話の先で笑いました。  現在は関西在住のEさんとはママ友として知り合い、今では姉妹として親しくお付き合 […]

    奮闘努力の甲斐はある